旅行を通して身に滲みた新潟県の魅力について

新潟県と言えば、お米の名産地であり、そのお米を使った日本酒も有名です。
日本海に面していることから、新鮮な魚介類も大変おいしい地域で、食の宝庫と言わんばかりのご当地名物がたくさんあります。
先日、新潟へ温泉旅行に行って来たので、そのことを交えて新潟県の魅力についてお伝えしたいと思います。

私が今回訪れたのは、長岡温泉白玉の湯です。
新潟は水がきれいで、その水を用いたへぎそばが有名なので、せっかくの機会だったので、初日のお昼に頂きました。
海草を練り込んだそばは、普通のそばより喉ごしが良く、山菜のてんぷらとの相性が抜群でした。
一緒に瓶ビールを注文して昼から飲んだことも、旅の醍醐味でした。

昼食後は、温泉へ向かいました。
お湯は温めで、ゆっくり長く浸かることができ、温泉の後はマッサージを受けて心と体を癒すことができました。

夜は、楽しみにしていた夕食です。
有名なノドグロをメインに、蟹、ステーキ、鮑も注文しましたが、どの料理も美味しくて地酒が進み、飲みすぎ食べすぎでした。

帰りには、市場でお寿司を食べましたが、ネタもシャリも新鮮で、新潟の美食を1度に味わった気がしました。
もちろん、ここでも地酒を飲んでしまいました。
終始、新潟の地酒を飲みまくる旅行でしたが、良いリフレッシュになりました。
また新潟旅行に行きたいと思いました。全身脱毛 効果 比較