華やかで可愛い容姿で注目の華雅りりかさん

宝塚歌劇団の娘役、華雅りりかさん。2008年に94期生として入団し、月組『ME AND MY GIRL』で初舞台を踏みました。2010年7月から宝塚歌劇の専門番組TAKARAZUKA SKY STAGEの第9期スカイフェアリーズを務めました。
星組に配属になり、組配属後の1作目の『THE SCARET PIMPERNEL』の7年目までの若手が演じる新人公演で、物語の重要な役どころの王太子ルイ・シャルル役に選ばれました。2010年バウホール公演『摩天楼狂詩曲−君に歌う愛−』で初めてヒロインを演じました。
2012年『天使のはしご』を最後に、花組に組替えになりました。2013年『オーシャンズ11』では、花野じゅりあさんの休演に伴いダニー・オーシャンの仲間であるラスティの恋人ポーラ役に選ばれました。2014年『ラスト・タイクーン -ハリウッドの帝王、不滅の愛-』の新人公演で初めてのヒロインを務めました。
1.2017年 『はいからさんが通る』では、ロシア貴族のラリサを儚げに演じました。

夫婦にキュンキュンを外部から取り入れる事は女は欲する。

あっという間に逃げ恥を見てしまいました。
かなり楽しみにしながら年末年始を過ごしたので、良い時間を持つ事が出来ました。
主人と少しだけ一緒にみましたが、見た場面が良かったので、お互いに感謝を言う事が出来ました。
私達夫婦はどちらかと言うと言いたい事をきちんと言う事が出来ていると思っています。
主人も私が希望を言えば聞いてくれて、改善してくれます。
そんな関係は本当に貴重だと思っています。
出来れば、キュンキュンするドラマを一緒に見たいと思いますが、それは全く彼は望んでいません。
男と女の違いなのかなと思います。それでも一つしかない内のTVを譲ってくれて、別にみたくも無いドラマを途中から一緒に見てくれました。
他の事をすればいいのにと思うのは野暮だと思いますが、それを愛でしょと言ってくるのです。
そこは褒めておかないと面倒なので、有難うとハグをしました。
出来れば、今年は数回位一緒に恋愛物のドラマでも映画でも見たいなと思います。メイン クレジットカード