いつまでも孫分かれ出来ないおばあちゃんだ。

身は婚礼が早かったので若くして女房になり、そのこどもも若くして結婚して女房になったので、
素晴らしく若くして身はおばあちゃんになりました。
今日その孫も中学生2年生。
小学校までは おばあちゃんっ子で女房が不在でも身が居たら確実。
私のピクニックには自ら付いて現れるし、身と一緒に常に寝てました。
中学になった途端、身の丈が急に伸び出して、あっという間に身を見下ろしてます。
変声期もおわり、どっかの中年の音声になってしまいました。
さんざん可愛かったのに、名残も無くなりました。
日々サッカーの稽古に勉め、ウィークデーには仲良しとピクニック。
何だか一緒にいらっしゃる事がありません。
身に近寄って訪れるのは お現金がほしい時と胃腸が空いた歳月。
そんな時だけはニコニコしながら近づいて来ます。
おばあちゃんなんてあんなヒューマンなのでしょう。
ただ一門違うのは、身はまだ若々しいおばあちゃん。
果敢に孫に争いを臨みます。
争いに勝ったらいう事をきくからと毎度挑むのですが、身が負けていう事をきくシステムばかりだ。
次は何の争いで挑もうか それを図るのが楽しみになっている今日だ。
いくつになっても何とか孫は可愛らしいですね。お金 即日