長女が加入しているスモールバスケットボールの賭けについて

小児が加入しているプチバスケットボールの体裁戦があったので、お手伝いに行ってきた。勝ち抜いていくと県内フェスティバルまでつながる著しいフェスティバルであった。地域の法人がスポンサーになっているようで、フェスティバル名にその法人の肩書きが入っていた。1回戦は3組でリーグ戦をはたらき1位の組が繁栄ぬけることになっている。午前中に1戦い瞳があった。うちの組は、身長が悪いので高さ挑戦に持ってかれると苦戦してする。そんななか組で最高峰身長が大きい子どもが1Qで3つもファールをしてしまって、そのあと思うように動けなくなってしまった。元来だったら、ぐっとアクセスを使ってディフェンスがやれる子どもですが、緊張していたのが、追随追随に回ってしまい、それがファールをしてしまった事情だとおもう。戦いには負けてしまった。小児は、結果幕開けはなかった。戦い前の修練から、球拾いなどをしていたので、ある程度は心得はしていた。少し、実力が足りないし、身長も足りない。焦らず黙々と成長して望むものである。http://www.meditationinmarin.org/