正規嫌いのあたしが絵本をよむようになった理由は長男たちのお蔭

現在、子供たちが画集が好きなことに気づいて画集をかわいらしく貰う。少し前までは画集って厳しいな?とにかく読まないよなってか読んであげないといけないし、ややこしいなーって思って本屋をめぐって画集を見分けることも買うこともなかったし。自分自身がガイドブックをよむのが好きじゃないからか益々、ガイドブックに関してよむのが面倒臭いって思ってた。けれど子供たちは保育園の賜物か画集がマニア。ペラペラ画集をまくる、次から次へと出てくるカラフルな画に大歓び。後、長男のお産祝いに身の回りからもらった”そらまめくんのベッド”を読んであげただけで子供たち大歓び!そしたら画集を貰う機会が増えた。もう少しで2歳になる子供は”ねないこだれです”関連のおばけが恐いと言いつつ隠れ家。4年の子供は”ふまんがあります”が大好き。こういう”ふまんがあります”を書いてるヨシタケシンノスケさんの画集は画が可愛いのと、会員の父兄も遊べる目次。読んであげててここまで興味深い。ですからヨシタケシンノスケさんの書いたガイドブックは”ふまんがあります” “りゆうがあります” “こういう後どうしてしちゃおう” “すでにぬげない”を丸々買取。ちゃんとどれも大好きなガイドブック。2年、4年には酷いかな?って想う会社もあるけど、それでも僅か大仰に読んで引き上げるというそれだけで大ユニーク!画集っておもしろいんだ、ガイドブックって嬉しいんだって父兄になって、こういう年になってわかれたのは子供たちの賜物。そうしてヨシタケシンノスケさんの素晴らしい画集たちの賜物。後、画集を読んであげている時、子供らが抱腹絶倒したり、怖がったり、静かになったり‥その手応えが楽しくて、色々な手応えが見たくてちょいやけになって画集を読ん現れる自分に笑っちゃう。これからも色々な画集を読んであげていきたいし、自分のためにガイドブックを読んでいこうかなっと思ってる。アリシアクリニック 価格